2018年07月14日

愛知よ!これが豚骨だ!!

DSCF4759 あの名店が、復活!!
以前、刈谷にあった豚骨の人気店!
久留米ラーメン 大幸さん!
一時は、名古屋栄にもお店がありましたが、
その後、刈谷店が閉店・・・。昨年、名古屋店も
閉店したと、風のウワサで聞いておりました・・・

DSCF4757_2


 しかし!その大幸さんが、なんと なんと!
 安城市宇頭茶屋町に移転オープン!
 本場九州の味が また食べられる!
 場所は旧国道沿い。(ヤマダ電機さん裏あたり)
DSCF4765

6月末ごろにオープンしてたとの情報を聞きつけ、
早速、行ってまいりました!
駐車場は、お店前の5~6台分。(昼時は、同じ敷地の
居酒屋さんの駐車場も使っていいのかな?)

店内は、L字カウンンター11席のみ
入口左手の券売機で食券を購入。
DSCF4767


  メニューは、ラーメン¥700、大ラーメン¥850、
  チャーシューメン¥950、半焼飯¥400。
  半焼き飯セット¥900、餃子セット¥900

  昔のように、ラーメン500円!とはいきませんが
  名古屋栄では、大体、この値段だったようです。

ラーメン¥700+替え玉¥100にしようと
思ってましたが、お得な半焼飯セットを注文!

こちらのラーメン、麺は久留米から直送らしく
低加水の極細麺!!
DSCF4782



  スープは、豚骨をしっかりと炊き上げた!
  って感じの、ド直球な濃厚さ!
  今時の洗練されたマイルドなトンコツでなく
  本場九州!!昔ながらの豚骨臭いトンコツ!
DSCF4771

好みは分かれると思いますが、この本場の味が、
また、安城で食べられるなんて!
豚骨臭いのが大丈夫な方、是非、一度
本場の味をご賞味下さい!(笑)

*たつーさん、情報ありがとうございました!
*休日の10時から、お客さんがバラバラと
 来てました!(すでに常連さんぽい方たちが!)


★★羽釜豚骨 久留米ラーメン大幸 安城市宇頭茶屋町大浜屋敷39番
  TEL:0566-98-1620 営業時間 平日11:30~15:00 18:00~スープ売り切れ終了
  土日 10:00~15:00 17:00~スープ売り切れ終了★★

 ★★★BLOG毎日更新中!!!★★★ 
     漂えど沈まず http://blog.livedoor.jp/zz1052/
     (是非、こちらも覗いてみて下さい!!)   


Posted by 川崎絶人 at 18:25Comments(0)ラーメン

2018年07月14日

初DAP!? DUT?

  DAPって?何それ?(真剣に分りませんでした。。。)
  「デジタル・オーディオ・プレーヤー」 (いわゆるウォークマン等の事ですね)
  オーディオ関係は、20年前で止まってしまっている昭和のオッサンは
  こういう携帯型のオーディオには、一切、近寄ってなくて。。。
DSCF3884
 車のCD/MDデッキが不調で壊れかけ?
時々、CDを飲み込んだまま出てこない、
CD読みとらず再生できない事が時々・・・
バンド曲覚えるのに、通勤時間は貴重な時間。。。
こりゃマズイぞ・・・

 カーステレオ買い直すのも、勿体無いし・・・
DSCF3885

 ・・・と、他でも使う事を考えて、初めて自分用の
 ウォークマン買いました!

 カーステレオは古いタイプなので、入力端子が
 ありませんが、そんな時は・・・
    「FMトランスミッター」


ウォークマンから、FMトランスミッターへは
Bluetoothで通信し、FMトランスミッターから
カーステレオへはFM電波で音楽を飛ばし、
カーステレオのFMでウォークマンの音楽を
聴くという、なかなかの優れもの!

昔からFMトランスミッターはありましたが
DSCF4689
  今は1000~3000円くらいと安価だし、
  Bluetoothを使えば、コードで繋ぐ事なく、
  簡単に音楽を聞くことが出来ます。

  まあ今どきの人は、誰でも知ってる事だと
  思いますが・・・
  便利な世の中になってるんですねぇ~!

DSCF4694
もちろん我が家でも、以前から子供達は気軽に
Bluetoothを使ってますが、昭和のアナログ
おじさんが、初めて自分の事で実感したという
お話でした。

この小っこい機械に、何千曲も入るんだっぺ!
こりゃたまげたバイ!(いや知ってはいたけど)
こんなお手軽に使えるとは。。。スゴイです。

 オラは“DUT”だな?!(デジタル・ウラシマ・タロウ?!) 山田くん!座布団下げて。。。

 ★★★BLOG毎日更新中!!!★★★ 
     漂えど沈まず http://blog.livedoor.jp/zz1052/
     (是非、こちらも覗いてみて下さい!!)   


Posted by 川崎絶人 at 12:00Comments(0)音楽